あやねるだけどヒメアマツバメ

UVB波は、UVA波より波長が短いという特性があるのでオゾン層を通過する際にその一部分が吸収されるものの、地表に達したUV-Bは皮膚の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を破損させるなど、肌に良くない影響を与えることになります。
体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、全身の脂肪の蓄積している度合いのことを指し、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(body weight)×100」という計算式で算出されます。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、膨大な研究によって、注射の予防効果が見込めるのは、注射した日のおよそ14日後から150日間ほどだろうということが判明しています。
肥満(obesity)というのは勿論食生活の質や運動不足などが主因ですが、同じボリュームの食事であったとしても、あっというまに食べ終わる「早食い」をすることにより脂肪過多に陥っている肥満を招きやすくなるようです。
スマートフォン使用時の細かなちらつきを軽減させるレンズの付いた専用メガネがすごく人気を集めている要因は、疲れ目の低減に多くの人が挑んでいるからではないでしょうか。
生殖器である前立腺は活動や成長にアンドロゲン、即ち男性ホルモンがとても深く関連しており、前立腺に現れてしまったガンも同様、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの働きを受けて大きくなってしまうのです。
子どもの耳管は、大人の耳管と比較すると太い上に短くなっており、又ほぼ水平になっているため、バイキンが進入しやすくなっているのです。小さな子どもが急性中耳炎に罹りやすいのは、この構造が関わっています。
食事をするときは、食べる物を気軽に口へ運んで数十回咀嚼して飲み込むだけに思われがちだが、その後身体は本当によく機能し続けて異物を人体に取り込むように励んでいるのだ。
下腹の疼痛を訴える人の多い疾患には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、5mm~10mm大の石ができる尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、子宮の病気などがよく挙げられます。
脂溶性であるビタミンDは、カルシウムが吸収される行程を支える作用で広く知られており、血中のカルシウム濃度を調節し、筋肉の働きを調整したり、骨を生成します。
インフルエンザ(流行性感冒)に適応している予防するための方法や医師による治療等の必然的な措置というものは、季節性インフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザであっても一緒なのです。
脚気(beriberi)の症状は、主に手足が麻痺したり脚の浮腫などがよく見られ、症状が進んでしまうと、最悪の事態では呼吸困難に至る心不全を発症することがあるそうです。
結核対策は、長年、昭和26年に施行された「結核予防法」にならって進められてきましたが、56年後の2007年から違う感染症と同様に「感染症予防法」という名前の法律に基づいて遂行されることになったのです。
人間の耳の構造は、大まかに「外耳」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」に分類できますが、中耳のところに黴菌やウィルスが付き、発赤等の炎症が発生したり、液体が溜まる病気を中耳炎と言っています。
触れあいなどで、患者が猫を可愛らしいと感じると「愛情のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌されて、ストレスの低減や心のヒーリングなどに結びついています。
看護師 非常勤求人 津市